結婚指輪の必要性

結婚指輪の必要性とは

結婚指輪の意味と必要性

紀元前のヨーロッパで始またとされる結婚指輪には意味があります。リングの丸は途切れることのない愛を表し、はめる左手の薬指には心臓からつながっているとされているため、永遠の意味します。永遠の絆と愛情の誓いとして神様の前で交換することで、結婚の責任感を感じ、改めて心に誓うという大切な儀式になります。とても神聖であり、愛を表すものとして周りに結婚していることを伝えることもできるものです。離れていてもいつも相手を感じ心強く感じられるものです。

↑PAGE TOP